福岡パークサイド クリニック

■福岡パークサイド■
■  クリニック  ■
心療内科 精神科 内科

ホーム
Q & A
サイトマップ


■■  Q & A  ■■


うつの治療には、お薬
と休養が大切と聞きま
したが、仕事が忙しく
経済的にも心配で休職
はできません。どうし
たらいいでしょうか?


 もちろん病状によりますが、まず有給休暇をとって休まれることをお勧めします。その期間に十分に回復しない場合は、病休をとりましょう。病休中は健康保険組合から「傷病手当金」(基本給の60%程度)が、最長1年6ヶ月間にわたって毎月支給されます。民間の保険会社の保険と同様に、普段から保険料を支払って(天引きされて)いるわけですから、病気になった際は有効に利用すべきです。うつ病などは、他の内科疾患などと違って、現在の精神医学の発展が十分でないため、病気の状態を画像や血液検査による数値で表せません。そのため、病気でなく怠けや根性の問題と考えがちですが、(内臓でなく)脳に生じた病気であり、ご本人やご家族がそう認識することが大切です。病気であるとの認識をしっかりもって、十分な休養をとりましょう。  休職の必要性を含めた病気の程度の判断はもちろん、傷病手当金の受給にあたって必要な診断書の作成についても、お気軽にご相談ください。


戻る