福岡パークサイド クリニック

■福岡パークサイド■
■  クリニック  ■
心療内科 精神科 内科

ホーム
病気について
サイトマップ


■ 病気について ■



不眠症・睡眠障害

 様々な原因により、眠れない状態が慢性的に続くと不眠症ということになります。「眠れない」の性状を、「入眠困難」(寝つきが悪い)、 「中途覚醒」(夜中に目がさめる)、「熟眠障害」(熟睡できず、夢ばかり見る)、「早朝覚醒」(朝早く暗いうちから目が覚める)などと表現します。 客観的に何時間眠っていようと、本人が眠れていないと自覚するならば、すなわち、睡眠に対して不満があれば不眠症と判断されます。 不眠は様々な原因で生じえますが、他の心療内科・精神神経科疾患の前ぶれ的な症状であることもあるので、早期に医師に相談することが大切です。 不眠症の治療には、しばしば睡眠薬を使いますが、現在、医療の現場で使われている睡眠薬は、依存性(いわゆる「中毒になる」)や 耐性(「慣れ」、段々と効かなくなること)が生じにくい安全性の高いものとなっています。この点について多くの方が誤解をされており、 この誤解が病気治癒の妨げとなっているということも少なくありません。


戻る